親父の選択

自分勝手に書きながら価値を提供したい親父のブログです

PILOT(パイロット)のCMにジーンときたのでもっと調べてみた

   

456875b94e1c5d864b7b01856ca6c603_s

親父です。

先日TVで筆記用具メーカー『PILOT(パイトッロ)』さんのあるCMを初めて見た。ただ一言だった。

感動した!

どこにでもいそうな3人家族(両親と子供の3人。女の子、7歳ぐらいか?)。お母さんのお腹には赤ちゃんがいて、出産前の実家帰省直前のようす。顔を見れなくても、離れていても、『書くこと』を通じて3人が繋がっていることを、実に見事に表現している。

株式会社パイロットさん 企業CM

以前の親父も似たような経験があって、そのときのお別れの(一時的ではあるが)悲しさといったらもう。。

このCMは特定の商品CMではなく、上記のリンクのとおりパイロット社の企業CMだ。『書くこと』に長年ものあいだ真剣に取り組んでらっしゃる企業さんの『想い』が凝縮された内容だと思う。

そこで、PILOTのほかのTV-CM、どういうのあんだろと思い調べてみた。

スポンサーリンク

変更の多い会社篇

えっ、これパイロットのCMやったんか?!

おそらく誰もが見たことあるだろう、『変更の多い会社篇』。会社の会議がその舞台。どうやら次回のミーティング日程についてもめている。課長、部長、社長さん?の発言で移り変わる次回日程。それを都度メモ帳に記載しては、消して書き直す担当者。最後に会長が突然出てきて鶴の一声でおしまいと思いきや、外資系にM&Aされて妙に軽い日本語をつかう外国人オーナーの一言で最終決定という内容。。

『消せるペン』は今や仕事で欠かせぬものになった。

いろんなグラファイト篇

これは印象に残っている。なぜかというとグラファイトだから。親父とグラファイトとは学生時代にヒジョーに親密な関係であった。カーボンではなくてグラファイトなのだ。同じ炭でもその違いは結晶構造。簡単にいうとカーボンにしなやかさが備わったのがグラファイト。これ以上はにっちすぎてウザクなるのでやめとく。

シャーペンの芯のCMだ。いろんな場面の『硬いも』に替わってシャーペン芯が登場することでグラファイト製をアピールしている。

連呼篇

これしらんなぁ。。女性二人に『なめらかボールペン、アクロボール』を連呼させる内容。

商品名を連呼することで潜在的に記憶に残させる戦略CMか??アクロボールは持ってんけどな。

プロファイリング/見覚えのある色篇

これ、何回か見たことあるわ。改めてみると笑える。

4色ボールペンのなかの色を変えられるペンの商品CM。3つのパターン別CMで、その4色をもとに誰のボールペンかを4人の男性がプロファイリングするとう内容。4色ボールペンといえば、親父が小学生のころからあった記憶がする。ん、3色かな?

直径3センチほどもある20色ボールペンをもっているやつもいたな。全く欲しいとも思わなかったが。。

パイロットさん、これからも頑張ってください。応援しています。

 - 文房具