親父の選択

自分勝手に書きながら価値を提供したい親父のブログです

新社会人へ、これから数ヶ月のあいだ肝に銘じてほしい4つのこと

      2015/08/16

file000508293066

ども、親父です。

今日から4月、街中には未だ着慣れないスーツに身を包んだ『明らかに』新社会人の初々しい姿が多くあった。

環境が大きく変わるタイミングだ。生活も、人間関係も、ガラッと変わる。落ち着かない日がしばらくは続くが、是非頑張ってほしい。

今回はそんな新社会人のみんなに親父から忠告。いつもこの時期になると思う事で、同じ意見の世の中の親父たちも多いはずだ。

代表してこの親父が言うので肝に銘じてほしい。。

スポンサーリンク

新社会人にこれから数ヶ月肝に銘じてほしい4つのこと

1.電車内でさわぐな(特に朝の出勤途中)

社会人となって気持ちが高ぶっているのはわかる、、しかしだ、電車の中で同僚たちと大声で騒ぐな。

特に朝の通勤時、あのな、君ら遊びに行くのではないぞ!通勤電車はペラペラお喋りしていい時間と場所ではない、勘違いするな。

次第に仕事が本格的になるとその気持ちの高ぶりも落ち着く。同僚も違う職種となって自分とは生活スタイルがかわり独りで通勤するようになる。そして悲しいことに来年のこの時期に新社会人を見て君らも同じことを思うのだ『うるさい』と。

2.すぐに否定するな

もう大人だ、すぐに否定はするな。否定の前に、なぜ相手はそう言うのか、どうしてそう言わざるを得ないのか、相手の立場を考えろ。そして否定することが許される状況であれば初めて否定すればよい。

世の中は『バランス』が取れているのだ。否定は『バランス』を崩すきっかけになる。会社組織となればなおさらだ。否定は簡単であっというまに済むが、その影響は大きい。できれば否定しなくてすむ方法を考えよ。

3.ビックマウスは控えよ

『将来社長になりま~す!』『俺は営業センスがあります!』。。何を言ってんだ??お前ら?

新社会人がでかい口を開くのではない。これは同期との会話でも控えよ。君らはまだ何も成し遂げていない、ガキだ。言いたいことがあるならば、行動で示せ。行動を周りの先輩たち世間が見て評価する。これには数年かかる。暫らくは黙々と仕事をしろ。

夢や希望を捨てろという意味ではない、胸に秘めておけ。

4.酒は普段の5分の1にせよ

飲む機会が多くなるが普段のように呑むのではない。普段の5分の1程度で十分だ。

社会人の酒の席は学生時代や、友人との飲み会とは違うぞ。まずは、その場に慣れることに集中しろ。慣れてきたら酒量を少しずつ増やせばいい。最初の飲み会で、飲み過ぎて失敗してしまう新社会人がいる。失敗の記憶はなかなか消えんぞ!後悔しないように!

親父のまとめ

この投稿にはオチも笑いもない。

毎年親父が思っていることだ。たった4つのことだ、だから守れ。

以上。

 - 心得え