親父の選択

自分勝手に書きながら価値を提供したい親父のブログです

子供とする将棋が楽しみで仕方ない

   

file2611299953331

ども、親父です。

去年の秋ごろに子供に将棋とチェスを教えました。 チェスは親父の趣味のひとつでもあるのですが、誰も付き合ってくれる人がいないのでいつもiPhoneアプリ相手に勝負しています。勉強するための書籍も日本国内には少なくて限られています。。本屋にもなかなか置いてないのでアマゾンで入手します。

チェスの第1歩 (初心者専用トレーニングノート)

チェスの第1歩 (初心者専用トレーニングノート)

※チェスを知りたい、やってみたい、強くなりたい、けどいい教本が見つからない!という人には大阪にある『アンパサンチェス研究所』が出している『チェスの第○歩』シリーズがおすすめです。ステップごとに問題をこなしていく形式で自然と実力つきますよ。

チェスは将棋と違って駒に名前が書いてないので動かし方難しいかなと思いきや、いやいや覚えちゃうんだよね、簡単に。。これには驚きました。似てるけど全く違うナイトと桂馬の動き方もしっかり理解してるもんなぁ、たいしたもんです。でもやはり読める漢字で書いてある将棋のほうが興味がある様子。よし、ここは子供の意思を尊重しよう!やるぞ、やろう将棋!

スポンサーリンク

そんなことがあり休みの日には子供と将棋をするのが日課になっています。

IMG_0564[1]

先日のことです。 右が親父、左が子供です。。

はい、負けました!!

勿論油断してたんですよ、持ち駒の桂馬をさくっと打たれて。いいんすよ勝ち負けは別に。。

子供とじっくり向かいあって話す時間が大事

将棋でもチェスでもどちらでもいいんです、こどもと時間を共有できれば。

考えてるときの表情を見てると、随分大きくなったなぁって改めて実感したりして。子供も全く将棋に関係ない話しをしてきます。いま学校で何をしてるとか、誰が好きとか嫌だとか、何が欲しいとか。

DSとかゲームを否定するつもりはないけど、子供と一緒に遊んであげましょう。

いろいろ子供のこと見えてくるよ、そして親は子供のことを理解しておく義務があるんだよ。

できる限り子供と同じ時間を共有しようぜ。

あぁ~楽しみや、こどもとの将棋♪

 - 子育て