親父の選択

自分勝手に書きながら価値を提供したい親父のブログです

甥っ子がやっていたSNSがあまりにも無知で酷かったので叱った

   

photo credit: JefferyTurner via photopin cc

photo credit: JefferyTurner via photopin cc

ども、親父です。

親父の甥っ子がTwitterをやってたんです。まだ12歳の男の子です。

今回の春休みを利用して久しぶりに会ったんです。その時は特に話題にはなりませんでしたが、どうやらSNSの類を色々とやっていたようです。確かについ最近買ってもらったというiPhoneをよく触っていたんです。

最近は中学生にもなるとiPhone程度は持つようになるんだなぁ、と思ってました。

数日後、うちの子供たちから言われたんです。『○○ちゃん(甥っ子)、ツィッターやってんだよ』と。

ふーん、Twitterやるんだ。。ガキのクセに一体何をつぶやくんだと思いながら子供に見せてもらったんです。。

(うちの子供たちは家庭内おもちゃiPhoneをもっています。くわしくはこちらを参照!)

ドえらいことになってました!

驚くべき惨状です!!

とうてい放っては置けない状況でした。。

そして、心を鬼にして怒り、叱ったんです。

スポンサーリンク

インターネット・SNSの仕組みを知らずにやっていた内容

1.IDに実名を使用していた

IDが実名でした。おまけに丁寧に漢字で書いてるし。

2.顔写真をアップしていた

顔写真をアップしていました、うちの子供たちのも一緒に。一目で顔が認識できるきれいな写真を。

あとで分かったのですが、身内以外の友達の顔写真も上げていたようです。もちろん友達には断り無くやってました。

3.書き込みをしていた

書き込み行為がダメというわけではありません。まだ子供だから仕方ないし冗談だとは理解するんですが、世間一般的に『よくない言葉・表現』を平気に書き込みしていました。

 

無茶苦茶です。ありえません。

甥っ子の人生のピンチです。決しておおげさではありません。

子供のSNSの利用についてはよく話題になっています。事件・事故につながるケースもあるので、ここは親たちがしっかりとインターネットとSNSの仕組みを教えなければなりません。自分だけの問題ならまだしも、他人の写真をネットに上げるなど、よそ様に迷惑をかけてしまうことにもなります。

彼の親父は私の弟になります。ここは弟がしっかりと子供に教えるべきです。

しかし、弟はこの手の機器にウトイ奴なんです。またネットでSNSを好んでやるような人間ではありません。

今回私が叱り、教え、直させました。

国か自治体が教育体制を整えるべき

これだけインターネットが身近になると、相応の教育環境を整える責任が自治体にはあると考えます。

うちの弟のような、いわゆるITに疎い人間はいます。そんな彼らに『ちゃんと教えなさい』と要求するほうが無理です。

インターネットはルールを守って上手に利用すれば、とても便利な道具です。将来、今以上にビジネスでも日常の生活にもネットが密接に関わった構造になっているでしょう。

教わらずに間違った行為をしてしまい、若くして人生に傷をつけることなどあってはなりません。

ちゃんとした教育体制を早急に整えることを切に願います。

 - 子育て