親父の選択

自分勝手に書きながら価値を提供したい親父のブログです

Nexus7 ME571-LTE のSIMとタブレットカバーを購入しました!!

      2015/08/16

BICSIM

ども、親父です。

先週購入したNexus7用のSIMをようやく買いましたよ~。

ビックカメラの『BICSIM』にしました。

貯まっていたビックポイントを使えるのもこれを選んだ理由のひとつではあるけど、そのスペックに納得しての購入です。

※そしたら直後にこんなニュースです。。最近のMVNO業界の競争はすごいね。ユーザーにとっては選択肢が増えるのはいいことですが。。

株式会社U-NEXTおよび株式会社Next Innovationは、モバイルデータ通信サービス「U-mobile*d」対応SIMカードの販売を、ヨドバシカメラ全店およびケーズデンキ117店舗で開始する。価格は3000円(税別)で、SIMカードの形状は通常SIM、microSIM、nanoSIMの3種類から選べる。このほかに毎月の通信料金がかかる。

U-mobile*dは、NTTドコモのLTE網に対応したデータ通信サービス。原則としてSIMカードのみを提供しており、通信端末はユーザーが自分で用意する必要がある。月額料金は、2段階定額制の「ダブルフィックス」プランで680~1980円(税別)。『INTERNET Watch』より

で、親父はポイントを使ったので初期費用(ウェルカムパッケージ・SMS対応版)の2,990円はゼロで済みました。

 IIJ BIC SIMウェルカムパック SMS対応 標準SIM 【ビックカメラグループオリジナル】

自宅のPCから早速開通手続きです。専用サイトからの申し込みで5分で終わります。ちなみに親父はSIMフリーデバイスの購入はこのNexus7が始めてです。なので、もちろんSIM購入もオハツとなりますが、こんなに簡単に開通できるとは思ってもいませんでした。必要なのはクレジットカードのみで、サイトの手順通りで迷うところは一切なし。

今回はミニマムスタートプラン1,040円/月を選択です(SMS非対応だと900円)。

通話には対応してないのでこれ以上の費用は発生しません。新たな支出やけど、まぁ、飲み会1回減らすだけで問題なしやろ!

スポンサーリンク

手続き完了後、いよいよSIM装着です!

Nexus7の側面にあるSIMフォルダーを同梱していたピンを差し込んでトレイを抜き出します。軽く差し込むだけではトレイは出てきません。結構な力で『グッ』と差込みます。

するとポコッと出てきます。

SIMカードはトレイに入るようにしか入りませんので特に間違いはありません。。

あとはNexus7を再起動して完了です。

起動後、ログイン画面にそれまでは『SIMが入っていません』と表示されていましたが、ごらんのとおり、『NTT DOCOMO』と表示されました。

Nexus7_login

(部分的で分かりにくいスクリーンショットですんません。。)

こ、これでこいつの最高のパフォーマンスを嫁に見せることができる...

親父家は関東地方の田舎にありますが、外に出るとちゃんと4G(LTE)を掴んでくれました。さすがドコモ!

親父のモバイルキャリアは随分前からソフトバンク(Jフォン時代から)でドコモの利用は超久しぶりです。なので自宅周辺の接続環境が全く分からず少し不安でしたが、これは余計な心配でした。

いよいよNexus7の利便性を追求する準備ができました!!

よっしゃ、よっしゃ♪♪

今回、SIM購入と同時にカバーも買っちゃいました。これもビックポイントっす。

SIMを装着し屋外持ち出しとなればカバーは必須でしょ。

親父はネイビーを好みます。いつも色のチョイスはネイビーですが、今回は家族みんなで使って欲しいとの思いで、

あかいろ!

にしました。

NEXUS7 2013年モデル ケース ブック型 レッド 0199NEX7 ラスタバナナ(4988075558496)

なかなないいでしょう~

このラスタバナナのアイテムはiPhoneカバーでも使っており、そのデザインセンスが結構気に入ってます。

カバーも色々探したのですが、コストとの兼ね合いと触った感覚、また扱いやすさを判断基準としてこいつを選択です。

ペンや名刺フォルダが備わったものもあったけど、うちのNexus7はビジネスユースではありません。。シンプルでいいです。

結果、

家族にすこぶる評判いいです!!

親父にはこれが一番うれしいです。。

 - IIJmio, Nexus