親父の選択

自分勝手に書きながら価値を提供したい親父のブログです

【映画みるならこれ】虚しすぎるひとりの男性の人生 『トゥルーマン・ショー』

      2014/07/13

medium_2606585532

どうも、親父です。

今回の映画は『トゥルーマン・ショー』。とても虚しい人生を過ごしてきたひとりの男性の物語です。親父は思い出しただけで涙が出てきます。ほんと可哀想な人生なんです。。

もし、自分のこれまでの人生が全てウソだったらどうしますか?想像して下さい、親も嫁も子供も、友人も、町を歩いている人も、そして生まれからの日々も全て他人によって作り上げられたシナリオ通りの芝居だったとしたら。

photo credit: MaplessInSeattle via photopin cc

主演はジム・キャリー。表情の豊かで特に彼の笑顔は見る人を楽しくさせますよね。印象ではコメディ・パロディ色が強いでしょうか。今回もそうです、いつもニコニコした好青年を演じています。だからこそ余計に、こんな良いヤツを騙しやがって!って感情が入ってしまいます。。

スポンサーリンク

1998年公開 主演ジム・キャリー 『トゥルーマン・ショー』

恋愛・結婚もシナリオ通りなんてメチャ可哀想です。。

あと、出演者がいちいちCMをやってんですよ、この『芝居』のスポンサーの!前後の会話からは内容が合わない変なセリフを突然発したりだとか。。まさか騙されていると思ってもいないジム・キャリーが不憫ですわ。。

あとこの『芝居』のディレクターとしてエド・ハリスが出ています。親父は好きなんですよこの人、渋くて。どちらかというと悪役が似合う、憎たらしい役やらせたら天下一品です。最近みたのは『スターリングラード』で敵方の狙撃手役でした。これも軍服が似合ってて相変わらず渋かったですよ。

トゥルーマン・ショー スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

トゥルーマン・ショー スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

親父のズバズバ評価

終わり方が良くありません、ダメダメです。さんざん人の人生玩んで、最後はハリウッド的なハッピーエンドぽく終わります。。

むちゃくちゃや!そんなんありえんやろっ!!

って映画です。主人公(ジム・キャリー)よ、もっと怒れよ。

 - 映画