親父の選択

自分勝手に書きながら価値を提供したい親父のブログです

【iPhone】嫁のiPhone5cが到着、機種変更中にふと思いだしたマックの『漢字トーク』って変な名前のシステムを!!

      2015/08/16

iPhone5c_1

どうも、親父です。

8月3日に嫁のiPhone4sが破損した記事を投稿しました。この記事です↓

【iPhone】嫁のiPhone4sが破損!よりによって致命傷の表面ガラス割れでiPhone5cの襲来が確定

ソフトバンクオンラインショップで申し込んでから3日後で到着です。相変わらず早いですね。

言わずもがなです、機種変更作業は親父の仕事です!早速やりましたよ、仕事で疲れて帰ってきたにも関わらず。。だって嫁の指の皮が切れて痛そうだし、かわいそうだったのでがんばりました。

親父は今年3月にも自分のiPhone4sで機種変作業は経験済みなので慣れたもんです。

スポンサーリンク

iPhone4sからiPhone5c機種変更作業手順

大まかな流れは以下の通りです。新しい端末が到着したら、まず最初に古いiPhoneのバックアップをします。

機種変更手順_1

iPhone4sのバックアップ

ここで注意するべきことは、iOSのバージョンの確認です。これ大事です。やることといえばiTunesに接続、バックアップをしておしまいなんですが、この時にiOSのバージョンを確認してください。

なぜ?はい、理由はiSOは上位互換だからです。この後説明します。

同梱していたSIMをiPhone5sへ挿入、そして回線切り替えの連絡

簡単な作業です。マニュアルの隙間にそっと隠されているピンを使ってSIMケースを取り出します。ピンの在り処はマジで分かりにくいです。

iPhone5c_6

この『Hello.』、の裏側にあるマニュアル(紙ぺら)を丁寧に1枚づつめくって下さい。ピンがこっそり隠されています。

その後回線切り替え窓口に連絡して約15分程度で、古いSIMから新しいSIMへ番号が切り替わります。窓口はオペレータの人はいません。機械による自動音声通話で指示通りで終わりです。

順調ですねぇ~

iPhone5cのアクティベーション

では、回線が有効化された新しいiPhoneを起こしましょう。iTunesに接続して、最初にバックアップしたデータから復元をします。これで前のiPhone4sからデータごと丸まるコピーが出来ますね。

と、ここから大事なポイントです。

iPhone5cは出荷状態でiOS7.0、そして嫁のiPhone4sはiOS7.1になってました。

もう、お分かりですよね。iOSは上位互換ですからこのままの状態だとiSOのバージョンが低いiPhone5cにはバックアップしたiPhone4sのデータは移行できません!!

そのため、iPhone5cのiOSをiPhone4s以上にする必要があります。

折角なので、iPhone5cに最新のiOSを入れちゃいましょう!で、iOSが更新が完了するまでこのあと約1時間かかります。。辛抱っす(・ε・`*) ...

データの復元

iOSのバージョンがiPhone4sより上位になったあとは、iTunesの『バックアップから復元』でまるごとコピーです!データ量にもよるけどこれも30分程掛りました(  _  _ )....。

機種変更完了!!

かれこれ機種変更には2時間は必要ですね。これで嫁の指のかわと耳たぶが切れなくて済みます。。

よかったね、嫁さん。

iPhone5c_5

。。今回はこれだけじゃないんすよ。

iOSのバージョンがあーだこーだ考えていたらふと思い出しました。

昔のマックのOSのこと。

『漢字トーク』。変わった名前のOSだったマック

『漢字トーク』、へんな名前。。

現在のおしゃれな響きのするネーミングからは想像できませんが、『漢字トーク』は昔のマックのOSの名前です。正確にはOSではなくて、『システム』って呼んでました。

今から25年ほど前、親父ははじめてマックに出会いました。いまでいうオールインワンな筐体です。その後就職しても仕事でよく関わりがあったんです、マックとは。そして親父がはじめて買ったパソコンがApple Color ClassicⅡ、そう通称『カラクラ』です。

下の写真は初代マッキントッシュ(モノクロディスプレイ)かな?筐体サイズは同じだった記憶あり。この商品からですよ、『マック』と呼ばれたのは!

medium_6232593639

photo credit: MATEUS_27:24&25 via photopin cc

メモリは確か8MB、ディスプレイはいまの車載ナビと同じ程度。うーん、懐かしい。。

たしかそのときカラクラのシステムは漢字トーク6いくつ。その後、漢字トーク7までリリースされて、ちょうどiMacが発売されたと同時に、いまの『MacOS8』という名前に変わったはずです。

同じ頃にモトローラ社のPowerPCが世に出て、Macのスペックは急激に上昇しましたよね。Centris(セントリス)からPowerMacへの移行の頃です。

そして『漢字トーク』(=システム)も『MacOS』と呼ばれるようになりました。時の流れを感じますねぇ。

親父のまとめ

名前ダサダサ...(´Д`;)

このころ、アップルからジョブスが離れていたころじゃないかな。。仮にジョブスがいたら、たとえ海外(日本)向けのシステムでも、こんな変なネーミング許さなかったでしょうね。

懐かしくもあったので記事にしました。

親父のiPhone機種変更と漢字トークの小言に付き合ってくれて感謝です♪

 - iPhone , , ,