親父の選択

自分勝手に書きながら価値を提供したい親父のブログです

伝統と感覚の錬金術 刀匠にあこがれて

      2015/04/29

d6c7f14841d65c91ab54024bf10d0d4d_s

針金をグニグニしていると、次第にその部分が熱くなって亀裂が入り、最後に折れてしまいます。これ、針金のなかのエレルギーのバランスがグニグニによって崩れるから、こうなります。針金に限らず全ての金属がバランスを保って存在します。

「バランスを保つ」=「内部のエネルギーが平衡をとる」タイミングは様々です。

分かりやすくいうと、普段目にする鉄や銅などの金属は、日常生活の環境(人間が生活する環境だから-10℃~40℃あたり)で硬かったり、しなったり、加工しやすかったりという特性をもった内部エレルギーの平衡を保った状態なんです。

スポンサーリンク

鋼(はがね)内部のエネルギーを熟知する刀匠

金属のエネルギーの特性を感覚的に身に付けて生業としていたのが刀匠。日本刀を作り出す刀匠たちは、刀の素材となる鋼(はがね)を熱し、たたき、冷やすことを繰り返しながら内部のエネルギーを自在のタイミングで安定させ刀を形成します。感覚的にその強度、キレ、美しさを持ち合わせるエネルギーの状態・タイミングを知っているんです。

  • 何度の火で熱するのか
  • その後どれくらいの時間をかけて、どれほどのインパクト(衝撃)を与えるのか
  • その後、どくらいの時間をかけて何度まで冷やすのか

伝統的かつ感覚的に習得したこれらのノウハウと手法によって、作りたい日本刀の特性(素材の違い、形だったり用途、何年つかうかなど)に応じて、それらを満たしながら普段の生活のなかで(常温)で刀として存在できる鋼(はがね)の内部エネルギーの状態にガラガラぽんっと組み替えているんです。そうやって日本刀が生まれます。

すごい職業ですよね、刀匠、刀工って。

日本刀の本 (別冊宝島 2120)

 

なぜ刀匠の記事なのか

前置きが長くなりました。。親父は学生時代に錬金術を習っていました。なので上述の金属の話とか、よくしっている方だと思います。

先日こんな記事を書きました。

http://oyaji-choice.com/2014/11/2593/

今年中にやんなきゃいけないことが盛りだくさんなんですが、優先順位が高いのが庭の手入れ。これはオヤジ以外誰も手伝ってくれませんからね。やってますよ、ちゃんと。と、そしたら針金を使う作業があったんですよ。グニグニしてたら、頭の中で色々思い出しちゃって記事にしちゃいました。

いいんですよ、何かいても。マイブログですから♪♪

 

 - 学び