親父の選択

自分勝手に書きながら価値を提供したい親父のブログです

アカハライモリ、冬眠なしの越冬を決定!!

      2015/02/11

イモリ

 

うちには現在3匹のアカハライモリがいます。最初4匹でしたが夏に1匹脱走、帰らぬ人ならぬ「帰らぬイモリ」となり3匹になりました。

イモリは両生類、本来この時期は冬眠に入るタイミングなんです。

飼育しているイモリを冬眠させる人がいます。 自然界と同様に冬眠させると「長生きする」といわれています。これは事実でしょう、結果的にパワーの消費を控えて暖かくなるまで寝ているんですから。

そのために自然と似たような環境を自宅に揃えて冬眠させます。 色々気をつけなきゃいけなことがあります。 気温は10度以下、寝床となる水コケは乾燥させてはいけないなどなど。。う~ん、、

「そのまま冬眠せず越冬していただきます!!」 

スポンサーリンク

だって気温10度以下キープは難しいでしょう、寒い地域ならともかく関東圏の冬の気候では困難かと^^。また親父家のイモリ管理者は基本わたしだけなので水コケを常に乾燥させないようにするとか、出来る自信がありません!!

具体的にいうとイモリは気温10度以上30度以下で元気に活動します。なので30度を越えるような暑い夏場も注意が必要でした。マメな水の交換、風通しの良い通気のいい場所に水槽を置くなどです。冬眠させる場合は基本外で飼育することが必要になるので、流石にちょっと難しいかなと。。

イモリ2

あと清潔さ保つこともイモリには重要です。本来きれいな湧き水の漂うなかで育つイモリですから。眠っているあいだは水槽の清掃が難しくなりますからどうしても汚れやすい。そうなると病気にもかかりやすいワケです。

まぁ、そもそも長生きする生き物だし、動いているほうが飼っていて楽しいし^^。

今回は親父のワガママになるけど、イモリたち、このまま冬を元気に越してください!

IMG_1244

 - イモリ