親父の選択

自分勝手に書きながら価値を提供したい親父のブログです

お騒がせ元巨人軍球団代表清武氏、組織人とは思えない行為に対する司法の判断は常識とおりで終結。

      2015/05/16

そもそもおかしなこと言う人だなぁと思っていました。

元読売巨人軍GMの清武氏の騒動。オーナーであるナベツネさんの鶴の一声で人事が変わる、覆るって、だってオーナーでしょう?そりゃ変わるでしょう。

スポンサーリンク

 最近のプロ野球人気の低迷を象徴した出来事

今回の騒動はプロ野球という特殊な業界だから起こりえた出来事であって、普通は有り合えない。やはり感覚が違うんでしょうね。

こういうことがあると、どうもプロ野球に関わる人たちって一般的な常識が通じないのかなぁと思ってしまいます。ただでさせ人気低迷の日本のプロ野球にあって出てくる話題がこれだと頑張っている選手たち、ファン、そして将来に夢見る子供たちにいい影響を与えないですよ。

月刊 GIANTS (ジャイアンツ) 2015年 01月号 [雑誌]

プロ野球、他にやるべきことが沢山あるはずです。

そんな意味でも渡邊常雄会長にとっては無駄な時間を費やしました。

ナベツネさんは一流の経営者です。しかしながら腹心の部下による突然の非常識な振る舞いで経営を阻害されたも同然、あわせて世間からも辱めを受けたんです、この集団はガバナンスも効いていないんだなと。

結果的には一企業の内紛で常識的にクローズとなりました。

ナベツネさんには、今一度日本のプロ野球復興のために頑張って欲しい。それが出来るのは恐らくこの人しかいないから。

 

 - プロ野球