親父の選択

自分勝手に書きながら価値を提供したい親父のブログです

これを信じるか、それとも信じられないか。あなた次第です。

      2015/02/11

woman-571715_640

昔高校の生物の授業で先生が教えてくれました。

これを信じるか信じないかはあなたの勝手です。

鼻行類と書いて「びこうるい」と読みます。生物学上の分類のひとつですが、既に絶滅しました。まぁ論より証拠です、見てください。

nasobema1

オオナゾベーム

 引用元:http://ww5.tiki.ne.jp/~gakurou/tsukuru/hanaaruki.html

 鼻行類 学名:Rhinogradentia

あたまを地に向けて、「鼻」で歩く生物です。日本ではハナアルキとも呼ばれました。

南半球赤道付近にあったハイアイアイ諸島に1957年まで生息した哺乳類動物です。1900年代半ば、盛んに行なわれた核実験により島ごと消滅してしまいました。

マンモスハナアルキ

マンモスハナアルキ

引用元:http://enzogarden.exblog.jp/18904504/

特徴的な自然のあったハイアイアイ諸島で生息するなかで、4本の手足は退化し鼻を地に着けて歩行するように進化しました。エサを捕食するのも複数に増えた鼻を使います。

スポンサーリンク

トビハナアルキ

トビハナアルキ

 引用元:http://www.geocities.jp/dg_tokiwa/hana/tobi_a.html

このトビハナアルキは鼻骨に関節をもち、ウサギのように鼻でぴょんぴょん跳ねるそうです。

で、なんとこの鼻行類!

10年ほど前になんと日本の奄美大島で生息が確認されました!!

その時の新聞記事です。さすがに画像を貼る訳にはいきませんのでリンクを残します。

「鼻行類、奄美大島で生息を確認」

専門書も出ています。

どうですか、信じます?それとも信じられませんか?

 - 学び