親父の選択

自分勝手に書きながら価値を提供したい親父のブログです

早すぎた天才の死、仙波優。【ラグビー日本選手権2/8開幕】

      2015/05/16

仙波優は親父の同郷。

松山商業、関東学院大学、トヨタ自動車とラグビー人生を歩みました。誰もがその日本人離れなプレーをする彼の将来を日本ラグビー界の未来と重ねて夢を見ていたんです。

それは突然でした。ニュースで聞いた時の驚きを今でも忘れられません。

1999年11月27日、愛知県豊田市の市道で乗用車を運転中に事故に遭いました。25歳の若さでこの世を去ったんです。

スポンサーリンク

 関東学院時代から天才的なプレーで周囲を圧倒。玄人好みな上手さで、例えるなら日本人のなかにレッドドラゴンズのメンバーが1人いるような感じ。彼だけ次元が違った。

仙波世代が関東学院の礎を築き、その後大学選手権で連覇を含む6度の優勝をする強豪へと成長しました。

日本代表で大畑とのウイングの共演を見たかった。。間違いなく海外の強豪国チームでも通用したぜ。

何で事故るんだよ、仙波!お前がいたら2000年代の日本ラグビーもっと変わってたはずだよ、くそっ、仙波、仙波。。

第52回日本ラグビーフットボール選手権

ホント帝京は強いですねぇ。悲願の初優勝からあれよあれよと6連覇達成。後を追うチームに安定感がないというか、差が結構あるというか。しばらくこの状況続きそうだね。

いよいよ日本選手権が始まります。

その帝京大学を含む筑波、東海、慶應が学生代表。そして社会人がパナソニック、ヤマハ発動機、神戸製鋼、東芝のシーズン上位4チームとサントリー、NECのワイルドカード2チーム。

ちなみに社会人は2/1に古豪パナソニックが優勝したばかり。

今週末の2/8に1回戦です。帝京はNECと、大学選手権準優勝の筑波はサントリーを対戦です。

日本選手権の醍醐味といえば、1回戦で学生が社会人相手にどこまで勝負できるか、あわよくば下克上!の明確な学生びいき視点。

楽しみです~^^

ラグビーマガジン 2015年 03 月号 [雑誌]

 

 - ラグビー