親父の選択

自分勝手に書きながら価値を提供したい親父のブログです

契約者名義の変更が必要なことが発覚するも、無事IIJmioへのMNP転入手続き完了!

      2015/08/16

ソフトバンクからIIJmioへのMNP申請が一応、完了。一応というのは用意周到にしていたつもりだったにも関わらず、まさかの契約者名義でつまづきました。

MNPは転出元の契約名義と転入先での契約名義が同じである必要があるんです。

今回MNP対象の携帯電話は、ソフトバンクでの契約は嫁名義、そしてIIJmioは親父名義となります。

  • 元:ソフトバンク契約者→嫁
  • 先:IIJmio契約者→親父

嫁≠親父。これだとMNP不可なんですね、知りませんでしたよ。

MNPは契約者名義は同一であることが条件

MNPの手順は最初に現在のキャリアからMNP予約番号を取得することから始まります。ざっくりこんな流れ、

  1. MNP予約番号を取得する
  2. 転入先(今回はIIJmio)に回線を申し込む
  3. SIMの到着を待つ

事前にBICSIMの音声通話パッケージは購入していたんで、予約番号さえあればあとはWEBからちょいちょいでおしまい。

MNP予約番号の取得

当日ソフトバンクMNP窓口への予約番号の申し出は嫁に連絡させました。これは契約者じゃないとダメなのは知っていたから。想定していた引き留めも思ったより軽く、会話は3分程度。会話の主な内容は、

  • MNP転出をする理由
  • 転入するキャリア

の2つです。事前に余計なことしゃべんなくてもいいからと嫁には言っておいたのですが、つらつらと「スマホの維持費が高いから」と発言。すると「お得な料金プランもありますよ」と、機種変を促す会話にもっていかれそうだったので急いでいるからと話しに水を差させて終了です。

その後5分もしないあいだにその携帯電話にSMSメッセージで予約番号が送られてきました。あとはIIJmioサイトから申し込むだけです。

IIJmioへ転入申し込み

Nexus7で使っているSIMの親父IDでログインし契約を追加します。

今あるのはあくまでもNexus7のデータ用SIMですから今回のケースは音声通話契約の追加になります。ちなみにIIJmioでは契約種類が異なるとデータ量をシェアすることは出来ません。今回もそれに該当です。

サイトから順調に入力申請をすませ、多少面倒な本人確認も完了。(本人確認は身分証明書の写真をアップロードします。)

と、申請後に見直していたら申し込み画面で以下の注意書きが!

IIJmio申し込み

MNP予約番号発行時の電話番号の名義と、みおふぉんお申し込み時のご登録の名義は同一である必要があります。名義が異なる場合は、IIJmioお申し込み前にご利用の携帯電話会社側で名義変更が可能かご確認ください。

名義違うし。。

スポンサーリンク

言われてみると確かに名義が異なるのにMNPできちゃまずいよなぁと。IIJmioの窓口がかなり親切でその後の対応は速やかに行なうことができました。対応の方法は2つで、

  • もとの契約名義である嫁でIIJmioを契約する
  • 契約者名義を親父に変更する

いったん契約するとIIJmioは名義変更は不可です。また今回の娘のNexus5から私が費用は負担しようと考えていたため、だったら方法は名義変更しかありません。

すんなり納得しすぐさまソフトバンクショップへ訪問しました。

ソフトバンクショップで名義変更、そしてMNP予約番号も変更に

2人が揃っていると名義変更もラクです。

所要時間20分程度で完了、翌日から反映されるとのこと。すると徐にショップの店員さんが、「あれ、予約番号とってますか?」と。

「はい、転出します」と即答すると、

「契約名義が変わると予約番号も取り直し、変更になります」

。。そうだよな、名義人しか取得できない予約番号、その人が変わったら当然予約番号も変わるよな。

これも直ぐに納得。

急いで帰宅してIIJmioへ再び連絡、事情を再度説明。MNP対象端末の名義が変わり、既に新規SIM申請中の予約番号が変更となることを伝えました。

MNPまとめ

MNPの際にはその契約名義に注意しましょう。

今回の件を通じてIIJmioの窓口の対応がとても好印象でした。会員専用の問い合わせ窓口があり、回答が的確でレスも早い。何の不安無くMNPが出来ますよ^^。

 - IIJmio, MNP