親父の選択

自分勝手に書きながら価値を提供したい親父のブログです

【ATPワールドツアー】Mutua Madrid Open マスターズ

      2015/08/16

天晴れ、錦織!!

ヨーロッパで行われるクレーの大会、それもATP500で日本人が連覇。だれがこんな偉業を想像できたでしょう。

先週開催されたバルセロナオープンで錦織圭が2連覇を達成しました。

反対側のシード陣がぼろぼろ落ちる一方で錦織は磐石な試合運びでファイナルへ。そして決勝はスペインのアンドゥハル。完全アウェーのコート、かつ連覇の緊張もあったでしょうが第1シードらしく要所を締めて結果6-4、6-4のストレート勝ち。ランキング5位の実力をバルセロナの地で見せ付けました。

地球の歩き方 A20 スペイン 2015-2016 【分冊】 1 マドリッドとカスティーリャ

スポンサーリンク

 アンドゥハルは失うものないし、地元の声援に背中を押されて攻めてました。しかし、ことごとく錦織が拾う、返す。まるでジョコビッチのよう。逆に攻めのチャンスにはベースラインの前に位置取り、高い打点からラケットを振り下ろし、一閃!

スコアは僅差ですが内容十分で二重丸でした。トップシードの貫禄ありあり!!

これで昨年優勝分をディフェンド、クレーシーズン最初のノルマをクリア。そして来週からはマドリッドマスターズです。

ATP1000 マドリッドマスターズ

この大会、ヤマ場です。

思い出す昨年のナダルとの決勝、一方的に試合を支配しながらも第3セットに怪我で無念のリタイヤ。しかし、バルセロナの優勝とマドリッドの準優勝でポイントを大きく上積みし昨年のジャンプアップに至ったことは記憶に新しいところ。

バルセロナ連覇の喜びもつかの間、次は昨年の準優勝600ポイントディフェンドがミッションです。

翌週のローママスターズにも参戦予定です。昨年はマドリッドのあとは故障でローマには不参戦でしたからポイント0。考え方によってはマドリッドとローマで600ポイントを超えればいいじゃん、ってあるけどそれは無し。

トップを目指すにはこのマドリッドを制覇してください。もうマスターズを勝ってもいい頃です。いや、上に行くには年間9試合あるマスターズのうち2つ3つは勝つ必要があります。初制覇をこのマドリッドでやってくれ!!

マドリッド優勝、余裕をもってローマ

このシナリオがベストでしょう。恐らくマドリッドに勝てればローランギャロスの第4シードは固い。

そしてそして、昨年は初戦敗退でしたが今年のローランギャロスで日本人によるグランドスラム初制覇!!ってならないかなぁ~^^。 

 - 錦織圭