親父の選択

自分勝手に書きながら価値を提供したい親父のブログです

ジョコビッチすげぇー・「ジョコビッチの生まれ変わる食事」

   

ふと書店で手に取ったジョコビッチの本、「ジョコビッチの生まれ変わる食事」。本当は錦織の本(「頂点への道」)を買うつもりでしたが、このタイトルを見た瞬間、予定変更っす。

圧倒的な強さでATPランキング1位を維持するジョコビッチ、現在の彼の強さの礎となった「食事」について書かれた本です。

小麦粉に含まれるタンパク質の1種、グルテン。ネバネバの成分です。

そしてジョコビッチはグルテン不耐症。

当時の自分の身体の弱さ・勝負弱さを振り返りながら、グルテン不耐症の認識、それを克服した食事法を具体的な食材・レシピを挙げて説明しています。

強靭なフィジカルを得て考え方も常にポジティブ、現在の強さと成功までの過程を知ることができました。

プロの自己管理能力の凄さを知る

ジョコビッチ、すげぇー

どんなスポーツであれ、それを生業としているプロであれば自らの身体は資本。恐らくこの本に書かれたジョコビッチと同様、食事への気配りは抜かりないはず。

それでもジョコビッチの徹底ぶりには驚くばかり。

ウィンブルドン初制覇となる2011年、ナダルとのファイナル。優勝を決めたこの試合終了後のロッカールームでひとかけらのチョコレートを口に含んだエピソード、彼の努力と苦労が報われた瞬間のほんの少しのご褒美。

強さを求めての徹底ぶり。プロの中でもトップを極める人が行う努力、凄いの一言。。

ジョコビッチの生まれ変わる食事

こんな人にオススメしたい

この書籍のモチーフであるグルテン不耐症、結構な割合で普通にあるらしく、ただ本人が気づいていないだけとのこと。

症状は様々でカラダのだるさ・疲労感が抜けないなど日常の生活で普通に有り得ることも多い。原因不明のカラダの違和感がある人はひょっとしたらグルテンの仕業なんじゃねぇ?と疑ってもいいほど。

病院に通うことなく、食事で体調改善されるのであれば試してみる価値あり、まずはこの本を読んでみるべし。

スポンサーリンク

まとめ

私はらーめんマンなので小麦粉抜きの食事って想像できない。ジョコビッチの実家もピザ屋さんだったらしく幼少からのピザ喰いとの決別に苦心したそう。

よく小麦を絶ったよなぁ~、すげーよジョコビッチ。

 - テニス, 書評