親父の選択

自分勝手に書きながら価値を提供したい親父のブログです

IIJmioへのMNPが自宅で可能、即日開通へ!本来のMNP手順になります

   

IIJmioが9/16より自宅でのナンバーポータビリティの申し込みを受け付けています。

電話番号そのまま使えて月額1,600円からお乗り換え/IIJmio

iijmio-おうちでMNP

大袈裟にサービス開始って言ってますが、これってドコモ、au、ソフトバンク間の従来のナンバーポータビリティのやり方なんですよね。

iijmio-自宅でナンバーポタビリティ

一言でいうと、MNPのある手順をIIJmioが代行していたけど、これからはユーザーが行うことになります。

こう書くとユーザーに手間がかかって、面倒になったんじゃないかと思われますが、一概にそうではありません^^

IIJmio、MNP手順の変更点

これまでIIJmioのMNPはどうだったかというと、

  1. 現在のキャリアからMNP予約番号を取得する
  2. 通話機能付き(みおふぉん)SIMのパッケージを購入する もしくは IIJmioサイトから申し込む (※1,2はどちらが先でもよい)
  3. MNP内容をIIJmioサイトへ登録する
  4. 番号が登録されたSIMが届く
  5. 端末に挿入してMNP完了

の手順。

これにはないIIJmioが代行していたのある手順とは「開通センターへ切り替えの連絡をする」ことです。

スポンサーリンク

不通・切り替えのタイミングが分からなかった

これの悪い点はスケジュールが読めないこと。

既存のキャリアが不通になるタイミング、そして新しいSIMの到着、通話までどれぐらい時間が掛かるのかが曖昧だったんです。

一応MNP受付完了メールに停止の目安は記載がありましたが、それもゆるい情報で1日単位のもの。「このメールの通知から数時間から1日後に不通になります」な通知。

そのタイミングでIIJmio側で開通センターに切り替えの手続きを行い、SIMの発送をしていたんでしょう。

それが本来のMNP手順になったんですね。ユーザーが自分の都合にあわせて開通センターに連絡し、キャリアの切り替えを行うことが出来ます。

ユーザーのメリットは?

不通と切り替えのタイミングを自分で決めれる、読めるようになったのはいいこと。

ただ慌ててない、暫く不通でも構わない、開通センターへの連絡が面倒だという人にはひと手間増えることになります。これまでのMNP手順での受付も継続するのだろうか。。?

まぁ通常のMNP手順にも対応したということで、即日開通の為にわざわざビックカメラのBICSIMカウンターに行く必要が無くなったのはメリット大きいですけどね。

 

これからもIIJmioには期待しています!おしまい^^

 - IIJmio