親父の選択

自分勝手に書きながら価値を提供したい親父のブログです

IIJmioみおふぉんスマホセットにASUS ZenFone2Laser登場!8/20より販売開始

   

IIJmioがスマホセット第二弾としてASUS ZenFone2Laserの販売を8月20日より開始しました。

以前投稿したのがIIJmio最初のスマホセット発売時、この第一弾ではあの中国最強ブランド、HUAWEI(ファーウェイ)の端末を採用したんですね。

http://oyaji-choice.com/2015/06/6904/

HUAWEIについては今から10年くらい前でしょうか、日本上陸当初から親父が個人的に気になっていた会社で、日本ではソフトバンクの基地局はファーウェイ製。

ここ数年のスマホ端末への注力ぶりは量販店に行くと明らかで、これだけ多くのモデルを抱えてるのもファーウェイの特徴でしょう。

そして今回のスマホセット第二弾では現在コスパ最強と評価の高いASUS ZenFone2の廉価版、ZenFone2Laser!

提携する端末からしてもIIJmioって、センスいいよなぁと思う次第です。

ASUSってどんな企業?

ASUSは台湾の電子部品メーカーです。私的にはPC&サーバのパーツメーカーという印象が強い。

昔IBMがDOS/V(OS)をリリースしてPC/AT互換機、いわゆる現在の「パソコン」が一気に普及します。覚えている人もいると思いますが今から30~35年前にパソコンといえばNECばかり、そして高価でした。

「一家に一台のパソコン」を実現可能にしたのがPC/AT互換機の登場と海外の電子部品メーカーによるコストダウンのおかげです。ASUSはそんな電子部品メーカーの1社ですね。

自ずと自社ブランドでPCを製造・販売を開始、その事業の流れを汲んだのが今の通信端末事業なんでしょうか。

PC&サーバ部品メーカー、絶え間ないコストダウンの企業努力、そんなASUSの歴史を振り返ると納得できるのがこのZenFoneシリーズなんです。

そんなASUSが提供する商品はこちらから

SIMフリースマホの代表格、ZenFone

先代のZenFone5をはじめて量販店で触ったときは驚きました、この製品クオリティでこの価格なのかと!SIMフリースマホとMVNOの実用性、コスト的な魅力と将来性を私が確信したのもこの時です。

今やSIMフリースマホメーカーの代表格、そのASUSのZenFone最新モデルが今回のセット販売となったZenFone2Laser。

ZenFone2が今年5月に販売されて、その廉価版モデルになります。

IIJmio ZenFone2Laserセット

プラン別料金表を眺めただけでも、安いですよねぇ~。3GBの音声通話プラン+ZenFone2Laserで月額2,850円ですから。

iijmio-zenphone2lazer-price

ZenFone2Laserの価格

端末は分割、もしくは一括でも購入できます。(※料金は税抜き)

  • 分割(24回払い)月額1,250円
  • 一括払い 27,400円

解約も簡単&明瞭、IIJmio

分割で契約して途中解約する場合には、解約時に残金一括で支払うことになりますのでご注意を。というのもIIJmioはどこかのキャリアたちとは違って、

  • 1年未満であれば残月数*1,000円の解約金を払って
  • 1年以上経過であれば解約金なくいつでも

解約可能なユーザーにやさしいキャリアなんです。IIJmioの解約については以下の記事もご参照ください。

http://oyaji-choice.com/2015/07/7055/

中途解約の際には端末の割賦残金にも注意しましょう!

スポンサーリンク

やっぱりローコスト!IIJmioみおふぉんの通信費

新規でミニマムプランの3Gで十分、というひとであれば1,600円です。詳細はこちらから→

IIJmio 音声通話機能付きSIM「みおふぉん」 1,600円~

この1,600円とZenFone2Laserの月額1,250円の合計が、上記料金表の2,850円の内訳ですね。

複数ユーザーだとファミリーシェアプランがお得?

うちの場合、娘が既にIIJmioみおふぉんユーザーなので今後誰かしら端末を追加契約となればファミリーシェアプランになるのかなぁ。

iijmio-みおふぉん-price

上記が音声通話機能付きSIM、みおふぉんの料金表です。

ミニマムスタートプランが2回線契約があるとしたら、月額基本料は3,200円。ファミリーシェアプランの場合は2回線で3,260円+700円(2回線めの音声通話機能付帯料)の3,960円になります。

SIMカード最大3枚まで使える。家族全員スマホユーザーに/IIJmio

3,200円と3,960円との比較では、データ量が6GB(各3GB/回線)から10GBに増量がメリット。が、やっぱり音声通話3回線にならないとファミリーシェアプランは選択しづらいか。。

まとめ

IIJmioの事業センスが気に入っています、戦略が洗練されているという印象。

だから無意味にやたらセットの端末を増やして欲しくないなぁ。願わくばあと1つ、SONY Xperia!お財布ケータイ!!これだけあればいいよ。

IIJさん、どうかご検討下さい。出来るでしょ、うん、出来る筈だ。。^^

 - IIJmio