親父の選択

自分勝手に書きながら価値を提供したい親父のブログです

LCCのJetstarで搭乗できなかったチケットを返金してもらいました

   

昨年は病床の父親がいたためかなりの回数、LCCのJetstarを利用しました。
まぁ、急なこともあったんで予約を2回ほどドタキャンしたんです。

航空券のキャンセルってLCCと大手会社とは考え方が異なります。

JAL、ANAなどの大手航空会社の場合、搭乗券の種別にもよりますが出発前に連絡することでキャンセル料は発生しません。
仮に出発後だったとしても一定の手数料、最大でも搭乗料金の50%を支払って済みます。
全額を取られることはないんです。

一方でLCCはその事業特性からキャンセルは不可です。

一度予約するともうキャンセルが効きません。

Jetstraの場合は手数料を追加で払ってスケジュール変更は出来るようですが、もともと安くサービスを提供しているだけあって無理は言えないんですね。

私の場合、父の危篤という事情があったのでダメもとで問い合わせしました。だってLCCとは言え搭乗2回分となると結構な額になるから!

LCCもちゃんとした理由があればキャンセル、返金できる

結果からいうと全額返金してくれました!
規約を読みましたが状況さえちゃんと説明できればきちんと対応してくれるんですね。

手順は以下の通り。まずは公式ページのカスタマーサービスに行きましょう。

クイックリンクというメニューのなかに「特別な事由によるご予約のキャンセル」があります。

JETSTAR

「ご予約のキャンセル」と書いていますが、今回の私のように事後の場合でも受け付けてくれます。

JETSTAR-2

必要な情報を入力します。

そして下部に進むと、出来事を証明する資料を提出せよ、と書いています。

JETSTAR-3

ネット上でデータのアップロードを要求、こういうのはいつも気が引けるんですが、相手も航空会社だしそもそも既に身バレしていることを考えると、まぁいいかと。

よって最も分かり易い父の死亡日が記載された戸籍を添付してやりました!

この後の対応は早かったですねー、さすがJetstar!

確か2日後には連絡があり、申請の手間のお詫びとあわせて返金する旨の内容でした。

クレジット払いだったので翌月にマイナスが入っていました。

LCCといえどもちゃんとした理由さえあれば、キャンセル、返金してくれます。

ご参考まで~♪

 - LCC